資金調達のエッセンス

日々の経営には資金が必要であり、ヒト・モノ・カネがグローバルに動く時代

銀行が嫌う勘定科目

銀行からの融資を期待する場合、少なくとも損益計算書の「当期純利益」、貸借対照法の「純資産の部」がプラスになっているかどうかが最重要ポイントとなります。

というのも、銀行が融資を決定する場合、まずは「十分な利益」を確認しますから、先のふたつの項目がプラスになっているということによって、会社が債務超過の陥っておらず、きちんとした利益が出ているということがわかります。

しかし、気をつけなければならないのは、以下の項目で、この項目の計上次第では銀行側から大きなマイナス評価を下される可能性があります。

貸付金 この勘定科目は銀行が一番嫌う部分で、とにもかくにもズルされやすい科目です。 そもそも、貸付金とは文字通り「誰かに貸したお金」のことで、いわゆる「粉飾決済」に使われやすい科目とも言えます。 というのも「貸付金」は、売掛金受取手形と同じように資産の部に計上されますので、不明瞭な支出や経費などを悪賢く処理されやすいのです。

仮払金 仮払金の場合、仮払金が精算されるまでは「流動資産」として計上されることになります。 しかしながら、この仮払金、最終的には経費として損金処理されるべきものですので、一時的であったとしても資産に計上したところで一切の資産価値はありません。 しかもこの仮払金を意図的に精算せず、そのまま資産として計上したままにしておかれるなんてことがあるのです。

売掛金 こちらは売上高ときちんと連動していれば問題はないのですが、売上高の増加よりも売掛金の増加のほうが大きい場合は注意です。 こちらも「架空の売掛金を計上」するなどの粉飾決済で使われることがあり、銀行側でも注意して確認される科目です。

棚卸資産 先の売掛金と同じように、売上高の増加よりも棚卸資産の増加のほうが大きい場合は注意です。 商品の売れ残りや不良在庫が発生しているのではないかと疑念を持たれてしまいます。

開発費 未来の売上のために投入された資金のことなのですが、会計上「資産」に分類されており、こちらも粉飾決算に使われる傾向があり、利益を増やしたかのように見せかけることができます。

つまり、銀行はプロですから、小手先だけの浅はかな数字の見え方を操作したところで、確実に相手にはバレています。

相手も人間ですので、正直な付き合い方を心がけましょう。

資金調達の方法

一般的に会社が資金を調達する方法としては3つのパターンがあります。

借入

銀行などの金融機関から融資を受けることによってお金を借り、取り決められた期日までに利子をつけ返済する方法

受給

省庁や自治体などが募集している助成金補助金などを利用し、お金を受ける取る方法。

投資

出資者を募ったり、ベンチャーキャピタルなどに資金を提供してもらうという方法。

日本で資金を得るためには、借入が一番に思いつく手法ですが、この手法では会社の規模や状況などが大きく影響しますので、個人事業や創業まもない会社では、なかなか融資を受けることができない場合が多いようです。

受給においては、該当機関の求めている要件を満たすことができれば支給されるもので、調べれば様々な助成金補助金がありますが、そこに至るまでの期間や提出しなければならない資料が多いというのがデメリットとなります。

最後の投資については、よほど優れた技術や先見性のあるビジネスでない限り、投資してもらえることはありえないと思っていいでしょう。

資金調達の必要性

資金調達は、会社を経営していく中で避けては通れない道です。

もちろん潤沢な資金をもっている企業であれば、そこまでの必要性はないにせよ、事業の拡大、企業の繁栄を考えていくと、かならず手元の資金だけで賄えなくなってきます。

そもそも製品が売れ、お金を回収するまでには「製品の開発」「設備投資」「原材料の購入」「販売マーケティング」「人材費」など様々な資金が先に必要となってきます。

規模が大きければ大きいほど資金も必要となりますし、なんといっても利益を生み出すためには継続的な資金投入が不可欠ですし、企業が成長、発展していくためには必須なのです。

資金の分類

大きく分類すると資金の使いみちは以下の通りとなります。

  • 運転資金
  • 増加運転資金
  • つなぎ資金
  • 設備資金
  • 在庫資金
  • 季節資金
  • 決算資金

経常運転資金は、売上と仕入れの関係において、キャッシュフローが悪化する場合に必要となる資金で、増加雲煙資金というのは、運転資金だけでは賄えない場合に必要となる資金です。

つなぎ資金というのは、資金の調達は確定しているにも関わらず、その資金が必要な時期に間に合わないときなどに、一時的に借り入れる資金のことです。

設備投資や在庫投資については、その名の通り、設備を拡大するときや在庫の増加により必要となる資金のことで、季節資金は、季節性のある商品に対して、原材料・商品の仕入や生産・販売がその季節に集中することによって必要となる資金です。

決算資金は、納税や賞与・配当などの支払いなどの決算に関連して必要となる資金です。

さてこのような重要な資金なのですが、資金調達の手段としては、デットファイナンスエクイティファイナンスアセットファイナンスに分類することができます。

アセットファイナンス

アセットファイナンスとは、企業が保有している資産を活用し、資金調達を行うもので、メリットとしては、保有している資産を流動化し、オフバランス化、つまり資産を会計から外すことによってバランスシートをスリム化し、会社の総資産を使ってどれだけの利益を上げることができたのかを分析するための指標であるROAを高め、経営を効率化でき、企業の信用リスクと切り離された資金を調達することができるようになる。

また、保有する特定の事業や資産から生ずる収益のみを返済原資とする非遡及型のローンであるノンリコースローンの活用によって、財務レバレッジをたかめることができます。

従来、コーポレートファイナンスでは、企業全体の信用力がベースとなって資金調達を行っていたのですが、この企業の信用力を切り離し、資産自体の信用力を利用し、資金調達できるということから、企業信用リスクの高い企業であっても低コストで資金を調達することが可能となる。

これは、バブル崩壊後、企業の信用力が著しく低下し、銀行が企業の信用力に応じて融資することが困難となってしまったため、新しい融資の方法として、企業の保有している資産、つまりアセットの価値や、そのアセットが生み出す収益力が注目された。